独自性を高めると高く評価されやすくなる

Javaのプログラミングを的確にできるエンジニアが少なかった頃は、ただJavaが使えるというだけでもさまざまな企業から重宝されていました。しかし、Javaエンジニアの増加に伴って、分野によっては十分な人数の確保が可能となっています。自分が携わる仕事を選べるようになりたい、高い待遇で働けるようになりたいといった希望を叶えるためには、差別化が重要です。他のエンジニアとの差別化をするうえで重要なのが、スキルセットの身につけ方を工夫することです。一般的なJavaのスキルセットを身につけて、さまざまな業務に携わろうと考えるエンジニアは大勢います。

しかし、裏を返せばそのレベルのエンジニアは多く、何が自分の強みかをはっきりと示すことは難しいでしょう。結果として、Javaエンジニアとしては平均並みと考えられてしまい、高く評価してくれる企業とめぐり合うのが困難になります。スキルセットで差別化を図るには、独自性を高めていくのが肝心です。一般的なJavaエンジニアが持っていないバックグラウンドを手に入れるのが最も単純明快な方法で、組み込み系などのハード面にも強いエンジニアになると差別化ができるでしょう。また、Java以外にもいくつかのプログラミング言語を扱えるようになるというのも良い方法で、適切な言語を選んで開発できる人材が重宝されています。例えば、【Javaエンジニアのスキルセット】というサイト内で、独自性のあるスキルセットのヒントが得られるので読んでみるといいでしょう。