経験の豊富さやスキルアップを図る心構えも大切

Javaは幅広い用途で使われているプログラミング言語のため、エンジニアの活躍の場も多いといえます。Javaエンジニアとしてキャリアを重ねるなら、どのようなスキルセットが求められるのでしょうか。基本中の基本といえるのは、さまざまな案件での実務経験です。Javaはその汎用性の高さゆえに、スマートフォン用のアプリ開発や通販サイトの構築など多種多様な現場で使われています。どの案件でも共通して通用する要素がある反面、特定の案件で活きる経験もあります。特定の案件で活躍するスペシャリストを目指すのも良いですが、幅広い案件の経験を積むとキャリアの幅も広がる可能性が高いです。将来的に管理職を目指すのであれば、経験の幅広さが無駄になることはないでしょう。

Javaエンジニアとしての実績を周囲に示すには、携わった仕事を紹介するのが一般的です。勤務経歴の長さや仕事内容を見れば、だいたいの実力を判定できます。実力を客観的にアピールするため、資格の取得を目指すのも有効です。システムアーキテクト試験やITサービスマネージャ試験などの国家試験を突破しておくと、所属企業や転職市場でも有望な人材として扱われる可能性が高くなります。所属企業によっては資格取得を奨励する研修などがありますが、日常業務をこなしながら試験勉強をするのは簡単ではありません。資格を取得したとしても、エンジニアとしての地位が確定するわけではないので、常にスキルアップを続ける心構えも必要です。