Javaのスキルセットだけで安泰か

JavaはIT業界で利用され始めた歴史が比較的長く、安定したニーズを保ち続けているのが特徴です。むしろ、プラットフォームの充実によってニーズが高まっている傾向すらあるのが実情で、Javaのスキルセットを身につければエンジニアとして安泰だと考える人も少なくありません。Javaを使ってシステム開発や保守などができるスキルセットがあれば、仕事に困ることはない状況があるのは確かです。ただ、その状況がいつまでも続くとは限らず、現状に安心していると足元をすくわれてしまうかもしれません。特にJavaエンジニアとして持っているマインドセット次第では、路頭に迷いかねないので注意しましょう。

Javaエンジニアなら安泰というのはあながち嘘ではなく、向こう数年で仕事がなくなるようなリスクはそれほどありません。しかし、Javaの価値が将来的にも認められている状況が続いていかないと、いつかはJavaエンジニアの需要も低迷してしまいます。歴史が古い言語の一つだからこそ開発し尽くされてしまい、新規性を見出すのが難しくなるリスクが高いのです。それを支えていくエンジニアがいなければ、Javaのスキルセットがあれば安泰という考え方は通用しなくなってしまう可能性が高いです。Javaにこだわり続けたいのであれば、Javaにはどんな可能性があるかを常に探ってトライする気持ちを持ちましょう。そのフィードバックによってJavaが成長を続けていけば、安心して長く働けます。