Javaフレームワークを使うメリットや選び方

フレームワークとは、アプリ開発をする際に、土台として機能するソフトウェアのことです。別名アプリケーションフレームワークとも呼ばれ、枠組や構造という意味を持ちます。フレームワークの一番のメリットは、アプリ開発をする際に白紙の状態から開発する必要がないため工程の手間を省き、時間を短縮できることにあります。また、同じアプリを開発するにも人によってプログラミングのコードが全く違う場合がありますが、フレームワークを使うことで考えを統一できて作業をスムーズに進行することが可能です。

それでは、Javaのフレームワークにはどのような種類のものがあるのでしょうか。比較的知名度が高く需要も多いものをみると、Apache StrutsやJSF、Play Framework、Spring Framework、Wicketなどが挙げられます。選び方としては、まず将来性や需要度で選択する方法があります。特に制限されていない場合は、トレンドを重視して有名なものを選ぶのが無難でしょう。コードが書きやすい、テストしやすい、コミュニティやドキュメントが充実しているなど、人気を裏付けるだけの利点を持っていることが多いからです。次に、ニーズに合っているかをチェックしてみましょう。例えば前述した5つの中で機能が多く汎用性も高いのがSpring Framewor、逆に機能は限られますが動きが軽量なのがPlay Frameworkです。開発規模などに応じて、検討しても良いでしょう。